家族で格安SIMに乗り換える場合の注意点とおすすめMVNO

家族全員で格安SIMに乗り換えて、スマホにかかる出費を劇的に減らしたい!そんなご家庭におすすめのMVNOと乗り換えの際の注意点をまとめてみました。

家族全体で考えると、スマホにかかる出費はかなりのもの。何とか節約できないだろうか・・・そう考えているお父さんやお母さんは少なくないでしょう。

大手キャリアで契約をしていれば、一人当たり毎月少なくとも6,000~8,000円程度の料金がかかりますし、端末代金を分割していればその料金も上乗せされ、毎月10,000円以上を払っているケースも少なくありません。3人家族なら3万円、4人家族なら4万円くらいの出費を毎月していることになります。

これは1年で計算すれば36万~48万円。かなりの負担になりますね。

その出費を減らす上で有効なのが格安SIM。しかし、格安SIMは提供している会社(MVNO)によってサービスが異なり、家族で乗り換える場合はよく選んでから乗り換える必要があります。適当に乗り換えをしてしまうと損することもあるので気を付けましょう。

当サイトでは特に「家族3~4人で格安SIMに乗り換える場合」におすすめのMVNOを紹介します。ちなみにこの情報をまとめるに当たっては以下のサイトの情報も参考にさせていただいたので、併せてご覧いただくとよりおすすめの格安SIMが見つけやすいと思います。

格安スマホおすすめ比較labo | 人気の機種・会社をランキング

 

家族で乗り換えるなら契約をまとめる方がお得

大手キャリアから格安SIMに乗り換える場合、一番お得なのは契約をひとつにまとめてしまう形。ひとりひとり別々のMVNOに契約をするよりも、ひとつのMVNOに契約した方がトータルのコストを抑えられます。

なので、候補として考えるのは1契約で複数のSIMカードが発行可能なプランを用意していて、複数回線がMNP可能なMVNO。複数枚数が発行できない・複数回線がMNPできないMVNOでは契約をまとめることができません。

というわけで、以下に1契約で複数のSIMカードが発行でき、複数回線でMNPできるMVNOをまとめました。

 

  • IIJmio:最大10枚まで発行可能(通話SIMは5枚まで)
  • BIGLOBE SIM:最大5枚まで発行可能
  • エキサイトモバイル:最大5枚まで発行可能
  • OCNモバイルONE:最大5枚まで発行可能(契約時は3枚まで)
  • mineo:最大5契約まで契約をまとめられる
  • NifMo:最大7契約まで契約をまとめられる

 

※mineoとNifMoは複数枚数の発行はできませんが、複数の契約を紐付けることで割引や特典が付く形になっています。

 

このように、複数枚数が発行可能なMVNOでも各社によって発行限度枚数に違いがあります。

例えば4人家族でMVNOへ乗り換え、そして契約をまとめたい場合はIIJmio、BIGLOBE SIM、エキサイトモバイル、mineo、NifMoが対応可能という形ですね。

3人家族であればOCNモバイルONEも候補となります。

 

家族で乗り換える場合の注意点1:名義の統一が必要

家族で格安SIMに乗り換える場合の注意点として、事前に名義の統一を行わなければならないケースが多いので覚えておきましょう。

多くのMVNO業者で複数回線を一つの契約にまとめる場合、契約前にすべての回線を名義を統一しておかないと、申し込みができないようになっています。

例えば父・母・息子・娘の4人家族で同時にMVNOへ乗り換え、契約を一つにまとめたい場合は全員の契約の名義を父親名義にまとめるといった形ですね。別々の名義のままでは契約をまとめられません。

また、厄介なことに別々の名義で同じMVNOに契約し、あとから一つの契約にまとめるといったことも基本的にできない場合が多いです。

なので家族でMVNOへの乗り換えを考える場合、名義の変更を行わなければならない可能性があると覚えておきましょう。名義の変更は契約しているキャリアの店舗に契約者と名義を変更する人との2人が直接行かなければならないので、乗り換えを検討し始めたら早めに行っておく方がスムーズです。

 

家族で乗り換える場合の注意点2:契約更新のタイミングをチェック

これも家族での乗り換えを行う場合に注意が必要ですが、それぞれの家族の契約がいつ契約更新(2年縛りが終わる)のタイミングなのか?事前に調べておいて、出来るだけ出費の少ないタイミングを選ぶ方が負担が少なくて済みます。

おそらくどの家庭でも、全員の契約更新のタイミングが同じという事はまずありません。

なので、出来るだけ出費の少ないタイミングを見計らった方が良いでしょう。例えば端末代金を分割で支払っている家族がいる場合、支払いが始まって間もないタイミングで乗り換えをしてしまうと端末代金の残額を一括で支払わなければならなくなり、思った以上に大きな出費となってしまいます。

これがもし複数名となれば、解約手数料と端末残金の合計で10万以上の出費になってしまった・・・なんてことにもなりかねません。なので家族それぞれの契約を確認し、端末代金の分割支払いがどの程度残っているか?契約更新のタイミングがいつか?あらかじめ確認した上で、乗り換えのタイミングを考えましょう。

 

実はこうした悩みを解消できるMVNOもある

・・・と、このように話してくると「うわあ、家族での格安SIMに乗り換えるのって意外とめんどくさい・・・」と感じた方もいるでしょう。その通り、ハッキリ言ってめんどくさいんです。

それならいっそ、別々に契約した方が楽じゃないか?とも思ってしまいますよね。

実は、こうしためんどくさいことを考えず、スムーズに家族で乗り換えられるMVNOも存在するのです。それはどこか?というと・・・

 

mineo,BIGLOBE SIM,NifMoの3社です。

 

この3社は別名義で契約が可能で、通信容量のシェアや料金の割引を適用させることができる数少ないMVNO。なので、実際家族で格安SIMに乗り換えるという場合はこの3社のいずれかを選ぶのが乗り換えがスムーズで、節約効果も大きいのです。

それではこの3社の特徴を見てみましょう。

 

mineo

mineoは別名義で契約をしていても、家族であれば契約後に「家族割」を適用させることができ、それぞれの回線毎に毎月50円の割引を受けることが可能になっています。この家族割は最大5回線まで可能で、同居していない親戚などでも対象(3親等まで)となるのがポイント。

なのでmineoであれば家族それぞれが2年縛りが切れるタイミングでmineoにMNPを行い、MNPした家族から順次家族割を適用させていくという形が取れます。

つまりmineoへの乗り換えであれば、誰も2年縛りの解約手数料を支払うことなく家族全員で乗り換えることも可能。これはなかなか他社では見られない特徴です。

 

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMもmineoと同様に後から別名義でSIMカードを追加できる数少ないMVNO。プランが限定されますが、12GBプランなら最大4枚のSIMを追加できるので3~4人の家族で乗り換えるのにも適しています。

ただ、注意点として別名義での契約が可能なのは後からSIMカードを追加する場合のみ。契約時に追加SIMを発行しようと思うと名義を統一しなければならないので注意が必要です。

ただ、この点はmineoと同じく2年縛りが切れた家族から順次乗り換えを行うという場合なら気にならない点ですし、むしろこの方が解約手数料を払わずに乗り換えるのに適していると言えます。

 

NifMo

NifMoも別々の名義で契約した後で、家族であればファミリープログラムを適用させることができ、通信容量のシェア、支払いをまとめることが可能になっています。

契約をまとめることで通信容量のボーナスも付くといった特徴があります。

 

家族乗り換えでイチオシはmineo

3つのMVNOを紹介しましたが、やはり家族での乗り換えを検討する場合に最もおすすめなのはmineoです。mineoであれば契約をまとめることで割引が適用されますし、フリータンクやパケットギフトといったmineoならではのサービスも利用でき、通信容量をシェアしたり、プレゼントできるため。

こうした独自のサービスも踏まえて考えると、家族での乗り換えはmineoが最もスムーズで、お得と言えます。

これから家族全員で格安SIMに乗り換えようと考えている方は是非参考にしてください。

 

 

コメントは受け付けていません。