MNPの手数料と手順について

MNPの手順ですが、まずは現在契約しているキャリアでMNP予約番号を取得する必要があります。

転出元のキャリアによっても違いますが、ショップの来店で直接取得する方法と、携帯電話や一般電話からサポートセンターなどに電話をかけて取得する方法と、インターネットのマイページなどから取得できる方法(docomoのみ)があります。

MNP予約番号は発行してもらってから有効期限は15日間となっています。

有効期限内に他のキャリアへ乗り換える手続きをしなかった場合は、強制的に解約されることなどはなく予約番号が無効になります。

MNPにかかる手数料ですが、MNP予約番号を発行してもらうと手数料がかかります。
この値段も契約しているキャリアによって異なるのですが、だいたい2,000円から3,000円程度になります。

この手数料は現在契約しているキャリアの最終の使用料金等と一緒に精算されます。
ちなみに乗り換えたい新しいキャリアのショップに行ってこのMNP予約番号を現在契約しているキャリアに発行してもらうことも出来ることは出来ますが、発行までに時間がかかってしまうので事前に自分で予約番号を発行してから新しいキャリアのショップに行った方が良いでしょう。

ネットなどを通じて格安SIM会社乗り換えをすると、SIMが自宅に届くまでの間、スマートフォンの不通期間が発生してしまう場合があります。

不通期間なしで乗り換えするためには、auから転出する場合はau回線を使ったMVNOサービスを提供している会社に乗り換えると良いでしょう。

docomoの場合は少しまえまでは不通期間が2日から3日は当たり前でしたが、最近では自宅での回線切り替えに対応するMVNO業者が増えてきているので、それらの会社を選択するようにしましょう。

またMNP即日開通カウンターという場所が、主な家電量販店などの中に設置されてきているので、それらのカウンターサービスを利用するのも一つの方法になります。相談しながらMNPをすることが出来ます。

コメントは受け付けていません。